世界最小クラスのマイクロチップ

実験動物の愛護、福祉の観点からの「3Rの原則」に対する側面的寄与

ごあいさつ

私共は、この度、イヌ、ネコ、ミニブタなどの大型実験動物の他、マウス、ラット等の小型実験動物に対しても違和感なく使用できる、超小型マイクロチップ(従来型の約3分の1のサイズ、ISO11784/11785準拠、寸法:Φ1.41mm×8.2mm)を用いた、『実験動物の個体識別及びに湿標本の保存・管理システム』を開発致しました。 
 本システムの導入により、従来の方式(色素塗布・耳介パンチ、耳標、刺青など)と比較して、 より確実な個体管理、人為的作業の省力化による作業効率のアップ(人為的なミスの排除、管理コストの低減)と併せ、「3Rの原則」に基づく実験動物の福祉向上、さらには医薬品・医療機器GLP省令に規定されている、収容の誤りを防止するための動物の個体識別及び試験関係資料の適切な保存に関する側面的、且つ、実効的なサービスを提供できるものと確信しております。
 日本マイクロチップ技術開発株式会社は、『マイクロチップによる実験動物の個体識別及び湿標本の保存・管理システム』の普及を通じ、「3Rの原則」に基づく実験動物の福祉向上と併せ、医薬品・医療機器GLP省令に基づく、試験に使用される動物の収容の誤りを防止するための個々の動物を識別するための必要な措置(第12条第4項)試験関係資料の適切な保存(第18条)に関する側面的、且つ、実効的なサービスを提供することにより動物実験に携わっておられる皆様のお役に立てるよう邁進してまいります。

代表取締役社長 根本 啓一

会社概要

会社名 日本マイクロチップ技術開発株式会社 (英語表記 Japan Microchip Technical development Inc.)
実験動物事業部
設立 2008年7月1日
事業内容 ・マイクロチップの製造販売及び関連機器の開発事業
・情報管理ソフトウェア開発
住所 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-5-11 伊藤ビル4階
電話番号 03-3527-9301
FAX番号 03-3527-9315
メールアドレス info@microchip-japan.com
ライセンス 第二種動物用医療機器製造販売業許可(農林水産大臣 27製販療II第124号)
動物用医療機器製造業許可(農林水産大臣 27製造療第328号)
動物用医療機器等販売・賃貸業届出(東京都知事)
取引銀行 りそな銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
Copyright(c) 2013 Japan Microchip Technical development Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com