世界最小クラスのマイクロチップ

実験動物の愛護、福祉の観点からの「3Rの原則」に対する側面的寄与

RFID(ICタグ)とは

非常に小さなICチップとアンテナから構成されたICタグです。
・ICタグ
・RFID
・電子タグ
・無線タグなどとも呼ばれております。

パッシブタグとは
リーダからの電波にて動作するタグ。電池を内蔵していない。
アクティブタグとは
電池を内蔵したタグ。自らの電力で電波を発する。

アクティブタグとは

電池を内蔵するアクティブタグの機能を有するが、通信起動をパッシブ方式で起動をする。

※一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多い。

電磁誘導方式
タグのコイルとリーダのアンテナコイルを磁束結合させて、エネルギー・信号を伝達する方式。
周波数帯は、130~135kHz、13.56MHzにて採用されております。
電波方式
タグのアンテナとリーダのアンテナで電波をやりとりし、エネルギー・信号を伝達する方式。

周波数帯別の特徴

周波数帯 135KHz 13.56MHz UHF 2.45GHz
通信距離 数cm~数十㎝ 数cm~数十㎝ 最大10m 数十cm
指向性 広い 広い 狭い
金属影響 やや大きい 大きい 大きい 小さい
水分の影響 小さい 小さい やや大きい 大きい
その他特徴 動物用マイクロチップ 個品の確実な読取に適す。
工程管理・商品管理
一括読取に適する。
入荷検品・在庫管理
物流・在庫管理・トレーサビリティ
Copyright(c) 2013 Japan Microchip Technical development Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com